よろずや教児

”チャングムタレント” きくち教児のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

どまん中祭り

ど真ん中祭り
ときおり雨足が強くなる中、音と光に誘われて足を止めてしまったイベントだ。
場所は久屋大通公園。
24時間テレビのグランドフィナーレかとも思ったが場所が微妙に違うし、なにより金曜の夜だもの。

歌、かけ声、踊り… パワーの源にあやかりたい、ちょいと疲れ気味の私がいた。

あ、ジェネレーターを交換すればいいんだ!?
って、オレは車かい!

スポンサーサイト

PageTop

コンセントが

抜けたような話をひとつ。電気器具じゃなくて私の車だけど…。

エンジンが路上で急にストップした理由がわかった。
ジェネレーターの不具合だった。
エンストの原因はこれだけ。

焼き付いてエンジンを積み替える、オーバーホールの話まで出て、費用を考えると廃車にしたほうがいいのでは?
というアドバイスもあったのにこの結果。

エンジンを分解しなくてもこの故障がわかったらしいがレッカーする時、駆けつけてくれたガソリンスタンドの人がジェネレーターじゃないかな?と言ったことは伝えたんだけどなあ。

やれやれ、この結論に達するのにお盆休みをはさんで三週間ほどかかってしまった。

今回は「車、残念でしたね」という声かけが相次いだための報告。

で、車。
これがすこぶる調子がいいんですわ。

PageTop

秋
秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる

日中の気温は20℃をわることも…

平湯温泉はもう秋の気配がただよっていた。

PageTop

なんだかねぇ~

飛騨高山は何度もズームイン朝で紹介した。

高山シリーズでは、やたら甘くない生醤油が香ばしい、みたらしを全国にどれだけ自慢したことか。

でもなあ、いにしえのお嬢さん。
口からはみ出そうな飴をなめながら焼くのはやめようよ。

ほっぺのポッコリは最初、親不知で腫れているのかと思ったが、どう見ても飴。
みたらしより大きかったし、のど飴とも思えない。

私があんなに全国に自慢していたのに…

みたらしの味ではない妙な「甘さ」に、ちよっとへこんでしまったぜ!

PageTop

たわけ!

たわけ!
東海北陸自動車道で高山へ。

途中休憩はひるがの高原サービスエリア。
大日岳を一望でき、高原をイメージしたような建物の横にある築山が、その名にふさわしかった。

最近は愛犬と共に家族旅行している人も多く、築山で休憩、生理現象を済ませていく飼い主がいる。

でも、済ませるのはいいけど、かなりの固形物がそのまま置き去りにされているんだな。

標高1000メートルを超える山々のうち懐に抱かれて、思い切り深呼吸したら、かたわらには犬の…!
飼い主はふだんもこのスタイルで散歩してるのかね?
子ども達も遊ぶんだから…。

PageTop

那覇空港のマンゴーパン

マンゴパン
ジュース、キャラメルがあるから、と驚きはしなかったが、珍しくは思った。

ただ、色が夕張メロンパンにそっくりだから、やはり包装紙は必要だろう。
もちろん沖縄マンゴー…という文字も不可欠。

いくらなんでもマンゴーと書いてあるわけだからキャロットパンに間違えることはない。

味はメロンパンのマンゴー風味、てな感じ。
おいしいけどメロンパンから脱却しきれない気がしなくもない。

もうあの形はメロンパン以外ありえないのかもしれない。

私ならマンゴーらしく楕円形にするんだけどなあ…。

PageTop

伊江島

無題
夏休みは伊江島でダイビング講習。

ここは沖縄戦で飛行場があったことから徹底的に攻撃されたところ。

それにしても城山(ぐすくやま)は特徴的だ。登山道まで車、そこから徒歩で登れるが映画「未知との遭遇」の撮影現場の見学に来たようで、ちょっとしたハリウッド気分。

高さ200メートルに満たない山だがスピルバーグが伊江島に来て映画の構想を練ったのではないかと想像するには充分な存在感だった。

PageTop

エンストⅢ
「クランクが焼き付いて…」と担当者。
「ハァ~?」と空気の漏れた返事は私。

オイルが入ってないとか匂いがしたとかなら理解もできるが何の兆候もなかったし、鈴鹿サーキットでレースに出た覚えもない。

なんたって突然のエンジン停止だ!
と胸を張って言っても、なんだかねぇ~

エアーサスペンションも換え、半年前にしっかり車検も点検も受けているのにどういうわけだろう?

「オイルはちゃんと入っているし、きれいです」と担当者。

OKそれはわかった。ようするに私は「何でそうなるの?」とコント55号の欽ちゃん風の疑問を持ったわけだ。

単にエンストした理由を知りたいだけなのにオイル云々だけでは答えが曖昧すぎる。

で、直るかと聞いたら「エンジンの積み替えも費用がかかりすぎるし、バラしてみても費用がどれだけかかるか…と沈んだ返事。

「ま、まさか廃車…?」
「…ハイ」と担当者。
「!?!?!?!」理解できなかった。「そんな無体な」
と、お代官様に訴えたくなった。

思えばエンストしてからも悲しみのフーガだった。

車載してある24時間レスキューカードに連絡しても現在は使われていないというアナウンス、販売店は休日、担当者の携帯は留守電。
結局、保険屋さんに電話してレッカーの 手配などすべて自分でやり、翌朝の番組終わりで販売店にレッカー屋さんと一緒に運んだ末の結論が「廃車…」だったのだ。

実は半年前の車検の時、乗り換える話があった。
結局、それはまとまらず、しっかり車検を受けておこうと担当者とは話をしてたのに「廃車」

愛車がアピタの横で急にエンストして2日目には車から車の形をした金属に…。

納得できんなあ。

PageTop

エンストⅡ

エンストⅡ
結局、愛車には一晩の外泊を強いてしまった。
ごめんね。なんちゃって。

しかし、事態は深刻だ。
とりあえず、どんな状態なのかチェックした後、連絡をもらうことに。

やはりディーラーでしっかり調べてもらうのが一番だ・。
で、その日は代車を借りて帰宅。

とりあえず予定していた日本海でのダイビングは小さめの代車では機材と4人乗るのは無理との判断で中止となった。
沖縄に行く前には済ませなかったのになあ…。

PageTop

エンスト
エンストといっても携帯用の円形ストラップのエンストじゃない、エンジンストップのエンストだ。

写真があるから誰でもわかるか…
しかも故障中の貼り紙まで。

走っている最中、突然のエンストだもん、かなわんなー。
それにしても高速道路じゃなくてよかった。ハンドルもきかなくなり道路に吸い付くように止まったから、ひょっとしたら追突されていたかもしれない。

エンストしたのはゴルフ練習場から走りだして100メートルほどのアピタ横の道路上。
交通量も多く、汗まみれで頭を下げまくっていた。
「あー、教ちゃんだー!」と時々声をかけてくださる人がいて情けなさは十分だった。

愛車はキーを回してもスターターモーターが、かすかに「グッ」と応えるだけ。
バッテリー上がりかとブースターケーブルをつないで回しても「グッ」
何度やってもグッまではいくが「グッドジョブ!」まではいかないのが残念だった。

そして、どうなったか…
あまりにも情けないので後日。

PageTop

カレーうどんⅡ

カレーうどんⅡ
次の患者さんまでの時間でお伝えしよう。
レンジの加熱で麺が内側から膨らむのが確認できたら、速やかに、かやく~粉のルーを入れて溶く。

そしてここからが肝心だ。というより絶対に守ってほしい。

それはリキッドタイプのだしの素を一袋ではなく半分にすること。

これで山本昌200勝の味、緩急自在でバランスのとれたカレーうどんの完成だ。

この味を単に自分の嗜好を紹介してると思わないでほしい。
これは常に世界平和を願う私がグローバルな観点から試行錯誤して作り上げたものなのだ。

ったく、大げさなんだから…。

PageTop

カレーうどん

カレーうどん
ご存知カレーうどんは若鯱屋。

数年前から日清とタイアップしてカップタイプがコンビニで売られている。

それなりにうまいけど、私が作ると超ウマイ!

誰も言ってはいないけどB級グルメ、マエストロの私、作り方はカップに印刷されている方法とは違うんだな。

一回目の湯きりまでは同じだが、二回目は麺を陶器の丼に移してポットのお湯を注ぎ電子レンジを使う。

レンジの強さにもよるが1~2分の加熱は必要だ。

で、続きはまた。
もう患者さんがいらっしゃる時間だ。

PageTop

至福のひととき

至福のひととき
胃カメラの後、食の処女航海は鈴鹿サーキットホテル、楼蘭の水餃子。

辛さに甘さ、追いかけてくるタレの旨みに餃子自体のおいしさ、ごくごく薄い皮の頼りなさがペタリと舌にまとわりつく…鼻腔を通じて追いかけてくるのは醤油の香り。

うまいなあ~辛いなあ。

残ったタレをご飯にかけてトドメをさしたのはいうまでもない。

PageTop

ゲゲーッ!

20080729102423.jpg

公開中の映画は悪い妖怪と戦うゲゲゲの鬼太郎。

こっちは胃カメラ入れて吐き気と戦いゲゲゲの気持ち悪太郎。
私のことはもちろんだが歩く不摂生の異名を私が名づけたディレクターも心配なので連れて行った。

男同士の連れシ〇ン は聞いたことはあるが連れ胃カメラは私達だけだ。
と、何も胸を張らんでも。

結果は二人とも異常なし。

これでしばらく異常が出るまで酒が飲めるというもんだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。