よろずや教児

”チャングムタレント” きくち教児のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏のイベント




今年もディズニーオンアイスは我が家の夏のイベント。

ミッキーと比べて抱っこサイズの子ども達が今年は背の高さがチョボチョボになっている。ミッキーが縮んだわけではないだろうから大きくなったもんだ。

下手に映像を紹介して誘拐~身の代金要求なんてことになってもなんだし、映像はやめておく。なんてウチ子どもは大統領の子どもかい?

あ、言われることはあるな「よっ、大統領!」って私が。

もち飲んでる時だけだけどね…

スポンサーサイト

PageTop

あ! そういえば結婚記念日……だった

この歳になると、自分の誕生日でさえ忘れそうになるものだ。
したがって結婚記念日なんてのは、うっかりすると過ぎてから思い出したりする。
多くの場合、女性にとってはいつまでも重要な記念日で、男性にしてみれば歳を重ねるごとに風化してゆくような……。
いや、これはあくまでも一般的な話ですよ。

だって、今年、うちの女房はマジで忘れていた。
こちらも新聞の日付を見て「なんだか気になる数字だな」と、しばらく経ってから思い出した。
お互い様だったから事なきを得たってところ。

丸21年。
いつの間にか婦唱夫随(?)てか。

20年目は磁器婚式というらしい。
25年目は言わずと知れた銀婚式。
30年目が真珠婚式で50年で金婚式となる。

年々高価なものになってゆくのは恐ろしいけれど、シルバーのネックレスくらいはなんとかしてやりたい。
で、その次はパール製品だが、これもクリアできると思っている。
なんといっても女房の実家は真珠屋なのだ!
実家から格安で入手しようじゃないか。(^_^)v

もちろん、9年後に円満でいれば……だが。(>_<)

それにしても日本人はすごい。
他の貴金属類が地球の埋蔵物なのに対して、唯一真珠だけは人の手によって生産されているのだ。
外国人にアコヤ貝の真珠製品をプレゼントするとめちゃくちゃ喜ばれるという。
胸を張ろう。
大変な努力を積み重ね、養殖に成功した御木本幸吉翁は本当に偉い! と。
「世界中の女性の首を真珠で飾りたい」
翁の夢は後継者たちの手によって今も受け継がれている。

しかし、そう簡単に養殖できるわけではないらしい。
こんなブログもある。
 ↓↓↓
http://sinzyu.at.webry.info/

きっとあの美しい光沢は、真珠をつくっている人々の労力、日々の努力、つまり汗と涙の結晶に違いない。
そう思うとますます真珠が輝いて見えるから不思議だ。

世の男性諸君、女性へのプレゼントには断然パールがおすすめですぞ!



そして、今から心配している。
来年は結婚記念日を忘れないで迎えられるだろうか。(^^;)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。