よろずや教児

”チャングムタレント” きくち教児のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

女の又の力に力

トレーニングの場所は鳥取にあるジム、
「ワールドウイング」
山本昌、岩瀬両投手が自主トレするところで有名だ。

ここで大相撲の五城楼関と一緒のトレーニングとなった。
詳しい説明は省くが、ここの初動負荷理論に加え、独自の鍛え方をして今の憲ちゃんがあるというわけだ。

私が言うのもなんだけど彼は女の股、いや、女の又の力に力、努力した。
そんなわけでみなさんも応援してくださいな。

あ、応援は野球だけね、ゴルフはいいから、オフにはしっかりやっつける予定だし…。

スポンサーサイト

PageTop

われらが憲ちゃん




いいねぇー、やってくれたねえ!われらが憲ちゃん。
今朝の中日スポーツの一面じゃい!

彼はこれまで二年連続して活躍していないだけに、今年を心配していた。

新人王をとった翌年……2年目のジンクスか、やはり思うように勝てなかった。
私はジンクスというより、オーバーユースだったと思う。
ペースがわからないまま行け行けドンドンの1年目だったのに加え、
タイトルをとったオフの忙しさはハンパではなかったはずだ。

で、ボールがいかない、勝てない、焦る、どこかに故障が出る。
という悪循環にはまるんだなあ。

巨人相手にノーヒットノーランをしでかした現コーチの近藤真一さん、
真ん中とわかっていても、絶対打たれないと当時の高橋コーチに言わしめた
剛腕ストッパー、与田剛さんもそうだったと思う。

特に近藤真一さんは享栄高校からドラゴンズにドラフト1位指名された翌朝、ズームイン朝でインタビュー。
先日勇退された当時の柴垣監督にも直後にコメントをいただいただけに、引退は残念だったことを覚えている。

あの時、柴垣監督は近藤さんのドラフト1位が、よほど嬉しかったとみえ、
祝杯の名残が吐息にタップリあったなあ…。

さて、われらが憲ちゃん。
実は2年目のオフ、私は鍼灸師、さらにトレーナーとして。
憲ちゃんは復活に賭ける野球選手として、あるところでトレーニングした。

ごめん、そろそろ私の順番なんで…また!
ただ今、ゴルフ中。

PageTop

ただいまボランティア募集中。



今年もあと一ヵ月ほどで24時間テレビ。若いみんなのパワーは中年になると負けずに頑張るぞ!という気持ちにさせてくれるからありがたい。

私、去年はボビーと一緒だった。

去年のボビーはK-1にチャレンジするとかで、食事とトレーニングで、かなりストイックな生活をしていた。私も鍼灸師として力士や野球選手の体は知っているだけにしっかり触ってチェックさせてもらったが、かつてドラゴンズにいたホームランバッター、メルホールにそっくりだったことを覚えている。

こういってはなんだが私たちアジア人とはあきらかに違う、しなやかさと強さを兼ね備えていた。

おかしかったのは、ボビーだと思うよ…といつもヒョウキンに振る舞う彼が初対面の私に「体、触らせてもらいたいんだけど…」と言われたら、いつもの彼の目の白目の部分が一瞬にして面積を増やし…、つまり目を見開いて、たじろいでいたのを覚えている。

彼が日本人の「女性」と結婚していたという経緯を考えればま、無理からぬ反応だわな。私だってそうだわさ。

PageTop

名古屋場所千秋楽

毎朝三時には起きてるけど今朝はエラかったなあ…マブタを自力で開けられず指でこじ開けたもんね!あ、これも自力か。

昨夜は名古屋場所の千秋楽だったもんな。
かわいい私の弟分、いや年令で言ったら息子達位の力士たちと名古屋の夜を飲んだわさ。明日が早かろうが眠かろうが、年に一回の特別の日だもの飲まないわけはない。頑張った子、治療した私、勝ち越し、負け越しは関係なく、みんなで飲んだねぎらいのビールは苦く、おいしかった!

でも正直エラかった。だっで私はある相撲部屋の打ち上げの司会の後からのお出かけだもん。

PageTop

名古屋は本当に暑い

クソ暑いねぇー。

名古屋ではこんな表現を普通にする。
初めて聞く人にとってはあまりの暑さに気がおかしくなったのでは?と思う瞬間らしい。
なんたってク〇だもんね~。

でも、言い訳ではではないが名古屋は本当に暑い。あまりの暑さに耐えきれず、そのへんにある最上級の形容詞をとりあえず付けた、といったところだろうか。
いうならばク〇は英語でいうVERYになるんだなあ。

でも、お腹が空いて何か「とても」食べたいは、何か、ク〇食べたい!とは言わんから念のため。

PageTop

お相撲さんも歩く。

蝉が鳴いている。
むし暑くなってきた。
大相撲名古屋場所はこうでなくっちゃ!

昨今はウォーキング流行り。
お相撲さんも暑い中、歩く、歩く。
特に下半身を傷めているとリハビリをかねてのウォーキングになる。
ビンつけ油の香とともに、汗だくで歩く姿は迫力もんだ。

先日、とある部屋に遊びに行った。
ふと見ると、タクシーから降りるジャージ姿のお相撲さん。

聞けば、熱中症になりかけて、タクシーで、なんとか帰ってきたとのこと。

“相撲道”に命をかけるならまだしも、“歩道”に命をかけるのはねえ…。

PageTop

ラッキーとアンラッキー

健康についての講演会の日。

原稿の準備は済んだ。
資料も完璧。
つかみは番組で紹介した「今日の運勢」だ。

みなさん、これを興味津々で聞いてくれる。
実のところ私だって気になるもん。
といってもラッキーカラー程度かな。

放送している側がいうのもなんだけど、
「食べ過ぎに注意」
「他人の意見には耳をかたむけよう!」
とか、ごく当たり前のことが多いもの。

わかっていても、あらためて誰かに言ってほしいのかもしれない。

それにしても…、
ラッキーとアンラッキー、同じ星座でもテレビ局や番組で違うのは、なんでかな?

面倒だ。
運勢は刻一刻と変わるんだから、
「いらんことは考えんでよろしい」ってことにしよう。

PageTop

お相撲さんとプール

夕方は、取り組みを終えたばかりのお相撲さんと、プールでのクールダウン。
正確にいうとリハビリだ。
みんなどこか傷めているからなあ…。

このリハビリは一石二鳥だ。
お相撲さん達でが入るとプールの水位を上げてくれる。
だから節水にもなりありがたい…、とジムの関係者。

ウソだよ。

それにしても、みなさんに見せたいもんだ。
スイミングキャップの頭がマゲで盛り上がった、
異様に体のデカい男たちが水中歩行する様。

圧巻すぎて、スクール中の子供たちなんか、お口パッカンだもんな。

PageTop

イチローがメジャーのオールスターへ

イチローがメジャーのオールスターへ。
でも、ホームラン競争には出ないそうな。

「思いっきりやりますワ!」ぐらいは言えんのか?
とは自称大リーグ通の友人。
「ホームランバッターじゃないんだから…」と、私。

下手に大きいのを狙って、せっかく作り上げたフォームを崩してはいけないんだろう。
自身をも冷静に見つめるすごさが彼にはあるな…。

ゴルフコンペで、
「ここはドラコンか!?ヨッシャー!」
なんて力みまくり、思い切りドライバーで地球に穴を掘る私とは違うところだ。

「イチローと比べてどうする!」
なんて、ツッコミが入りそうだ…!?

PageTop

そこにお灸!

空梅雨が一転、警報つきの大雨。
気圧が下がるわ、冷え込むわで体調を崩す人が多くなる。
こうして濡れるだけではない、鬱陶しい日々が続くというもんだ。

でも、稲やカエルにはたまらん雨なんだろうな…。
梅雨入りして晴れた日も長かったし、ま、バランスかな。

ところで、この時期の湿気や冷えでだるさや痛みを感じたら、お灸が効くんだなあ。
水には“火”という訳だ。
ツボはお腹周りにあるが肩でもヒザでも違和感を感じたら、そこにお灸をすえるといい。

でも、やり過ぎないこと、火傷する。火遊びも同じ。
なんちゃって!

PageTop

治療院は大繁盛……

今月十日からは名古屋場所。私の治療院にも力士たちがぼちぼちやって来ている。
看板も出さず、完全予約制の治療院だけに、プライバシーは完璧だ。
他の患者さんが物珍しげにカーテンの内側をのぞき込むこともない。

「お相撲さん、大きいね。体重は?」
「ご飯、何杯くらい食べるの?」 ……なんて問いかけもない。
で、治療院はゾウアザラシが昼寝するハーレム状態になる。

しかし、それなりに悩みだってあるのだ。
それは、冷房が効きにくくなること。

力士ひとりにつき、室内温度が確実に1℃は上昇すると思う。
ただでさえ不快指数の高い名古屋の夏、クーラーの悲鳴が聞こえてくるようだ。
こうして私のおしゃべりがやたら多い治療がスタートする。

せっかくだから「ご飯はどれくらい食べるの?」という素朴な疑問に答えよう!
名前はひとまず伏せておくが、先日ひとりでひつまぶしを五人前、ペロリとたいらげた関取がいる。

支払いのとき、笑顔で彼をどついたのはいうまでもない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。